【2024年最新】犬の腎臓病の食事療法食リスト 目的別オススメも紹介【獣医師解説】

当ページのリンクには広告が含まれる場合があります。

愛犬の健康を守るために、私たちは日々のケアに最善を尽くしています。

しかし、愛犬が腎臓病を患ったとき、飼い主として不安に感じるかもしれません。

このときに必要になるのが、食事療法です。

犬の慢性腎臓病は、適切な食事療法によってその進行を遅らせ、症状を和らげることができるのです。

食事療法と聞くと、ヒトでいうところの塩分を控えて下さいといったことや、この食材に気をつけてくださいといったことを想像するかも知れません。

犬の慢性腎臓病における食事療法は腎臓病用のドッグフード(食事療法食)を与えることが一般的です。

もりぞー先生

慢性腎臓病の治療において食事療法食は欠かせないものですね!

この療法食と呼ばれるドッグフードは各フードメーカーから販売され、多様化が進んでいます。

多種多様な食事療法食があり、その中から適切な食事を選択することが重要になります。

なぜなら、間違った食事を与えてしまうことで持っている病気の目的とした治療ができなくなるだけではなく、お家のワンちゃんの病態の悪化など健康上の問題を引き起こすリスクもあるからです。

そのため、適切な食事管理を行うためには、「罹っている病気の知識」とその「食事療法の目的」について知っておく必要があります。

もりぞー先生

そこでこの記事では、現役獣医師のもりぞー先生が犬における慢性腎臓病の食事療法の重要性を解説します。

  • 腎臓病の食事療法ってホントに大事?
  • 犬の腎臓病って予防できる?
  • いつからやるの?
  • 腎臓病の治療中の栄養管理は?
  • うちの子は腎臓病の食事をホントに与えた方がいい?
  • 食事療法中に気を付けること
飼い主さま

それで結局、たくさんの種類のフードがあるけれど、どの腎臓病の療法食がいいの?

もりぞー先生

さらに、この記事では現役臨床獣医師のもりぞー先生が2024年版最新の食事療法食の完全リストと目的別に最適なフードを紹介!
動物病院専用の療法食からインターネットで販売しているドックフードまでを網羅的にリサーチしました!
動物病院専用の療法食とインターネットで販売している両方を紹介している記事は他にないと思います。

この記事が、あなたの愛犬の健康維持に役立つ情報源となることを願っています。

この記事は飼い主様個人での療法食の購入を推奨するものではありません。病気の治療は必ず正しい診断に基づいて行われるため、獣医師の診察が必要です。必ず動物病院で診察をうけ、獣医師と相談して下さい。

\早期発見!初期の慢性腎臓病用のフード/

\獣医師推奨!信頼と実績のブランド/

\小型犬にもオススメ!/

\安心の国産!日本メーカー/

\コスパ最高!/

\水分補給やトッピングにも!/ 

\トッピングに最適!/


目次

はじめに(正しい食事療法のために)

正しい食事療法のために、必ずかかりつけの獣医さんと相談しましょう

最初に、犬の慢性腎臓病と食事療法について解説します。

犬における食事療法は病気に対応して栄養が調整されたドックフードを与えることで行われることが主流です。

この病気に対応して栄養が調整されたドックフードを食事療法食といいます。

食事療法食(いわゆる療法食)はある栄養素を制限したり、強化したりすることで調整されています。

もりぞー先生

慢性腎臓病の療法食は、腎臓の負担を減らすためにタンパク質を制限して、小食になっている犬のカロリーを補うため脂質を増やしています。

しかし、間違った食事療法を行うと犬にとってはデメリットが大きくなってしまうリスクがあります。

それは、療法食を見方を変えた言い方でいうと、栄養的に少し偏っているドックフードになるからです。

したがって、正しい食事療法を行うためにはお家のワンちゃんの病気や容態を正確に理解して、適切なドックフードを選択できることがまず大切です。

そのためには、もちろん獣医師の診断と判断が必要になりますし、飼い主様も病気や食事療法について知っておくとなお良いでしょう。

もりぞー先生

お家の大切なワンちゃんが、適切な食事療法を受けて健康に長く暮らせるように、正しい知識を身に着けておきましょう!

犬の慢性腎臓病について

犬の慢性腎臓病とは
もりぞー先生

慢性腎臓病は主におしっこを作る臓器である腎臓の働く力が減ってしまった病気のことですね

腎臓では血液を濾過する事で尿を作り、老廃物を排泄しています。

そのため慢性腎臓病になると、腎臓の働きが低下することで、体の中に老廃物(尿毒素)が蓄積するようになります。

また、慢性腎臓病になると体にとって必要な水分を尿として過剰に排泄してしまう様になります。

脱水症状を起こしやすい状態になるため、容態が崩れやすくなり、さらに腎臓に負担がかかりやすい状態に陥ります。

慢性腎臓病になる犬の多くは高齢の犬が多いですが、遺伝的な要因や先天性の疾患、高血圧・尿石症などの腎臓に負担をかける病気がある場合には高齢でなくても腎臓病になるリスクが高くなります。

犬の慢性腎臓病に食事療法が必要な理由

慢性腎臓病に食事療法が必要な理由
もりぞー先生

適切な食事療法をすることで、腎臓の負担を減らし、慢性腎臓病の進行をゆっくりにすることが出来ます。
それによって、慢性腎臓病でも体調のいい状態を長くしで、長生きすることが目標です。

以下の記事でもより詳しく慢性腎臓病について解説しています。

あわせて読みたい
犬の慢性腎臓病の診断と治療を【IRISの2019年最新ガイドライン】も含めて解説 慢性腎臓病は徐々に腎臓の機能が低下する進行性の病気です。 犬の死因のトップ10にも入る代表的な疾患で、多くのワンちゃんがかかる可能性がある一般的な病気です。 し...

慢性腎臓病の食事療法はいつから?

もりぞー先生

慢性腎臓病の食事療法は、慢性腎臓病と診断されてからが推奨です。
腎臓病の進行具合(ステージ分類)や血液中のリンの濃度から適切な食事療法を選択します。

慢性腎臓病の診断は様々な検査を組み合わせ、繰り返しの検査が必要になることもあります。

適切な診断のもと、食事療法を含めた治療を行っていきましょう。

犬の慢性腎臓病の栄養管理 食事療法食の内容

リンの摂取を制限すること

慢性腎臓病になることで、リンというミネラル成分の排泄が悪くなり、血液中の濃度が上昇します。

この体に溜まったリンはカルシウムと結合する事で腎臓に負荷をかけ、さらなる腎臓病の進行を招きます。

そのため、このリンを体に蓄積しないようにする事が重要です。

慢性腎臓病の食事療法はこのリンが食事に含まれる量を減らすようにしています。

そうする事で腸から体に吸収されるリンの量を減らして、体内にリンが蓄積しにくくし腎臓を保護するようにします。

タンパク質の適度な制限

タンパク質を適度に制限することで、腎臓病にとってさまざまなメリットがあると言われています。

過剰なタンパク質摂取による腎臓の負担を減らすこと、尿毒素を減らし尿毒症のリスクを抑えることなどが挙げられます。

もりぞー先生

ただし、過剰なタンパク質の制限は筋肉量の低下にもつながるため注意が必要です。

腎臓病初期と中期以降でタンパク質の制限については考え方が異なります。

初期ではマイルドに、中期以降ではよりしっかりしたタンパク質の制限が望ましいです。

もりぞー先生

例外的に、慢性腎臓病が初期でもタンパク質制限を積極的に行った方が良い腎臓病があります。
蛋白漏出性腎症と呼ばれる病態の場合には、腎機能にまだ問題を起こしていなくても、タンパク質を制限した腎臓病の療法食を推奨します。

オメガ3脂肪酸の摂取

オメガ3脂肪酸は炎症を抑える働きがあり、関節炎や皮膚炎など体の様々なトラブルを解消するメリットがあります。

腎臓においてもオメガ3脂肪酸を積極的に摂取することで、腎臓の炎症を和らげて腎臓を保護することが期待できます。

食物繊維の摂取

腸内細菌叢と腎臓の病気は深い関連性があると言われています。

もりぞー先生

特に、腎臓の生体の病態の関連性を”腸腎連関”といわれ、近年とても注目されています。

食物繊維は腸内環境を整え、尿毒素の発生を抑えることで腎臓の負担を減らす可能性があります。

ナトリウムの摂取量

ナトリウム、いわゆる塩分は腎臓から尿中にたくさん排泄されるミネラルです。

ナトリウム自体が腎臓病に直接関与することはないのですが、ときに間接的に腎臓の負担を助長する可能性があります。

それは慢性腎臓病に伴って高血圧症を合併した場合です。

もりぞー先生

慢性腎臓病になると高血圧症が合併することがあります。
そして、その高血圧症が腎臓病をさらに悪化させます。

高血圧症のワンちゃんでは、ナトリウムが高血圧症に関与する可能性があるため、摂取制限が推奨されております。

あわせて読みたい
【ガイドライン】犬の高血圧症の診断と治療をACVIMコンセンサスステートメントに基づいて解説 高血圧症(体高血圧症、全身性高血圧症)は、ヒトの病気でもよく耳にすることがあり、皆さんも生活習慣病の一つとして馴染みがあると思います。 犬でも高血圧症は見られ...
あわせて読みたい
【質問コーナー】犬の高血圧症 食事や交配、正しい血圧測定で気をつけることは? 高血圧はよく耳にする病気ではないでしょうか。 ヒトの方ではよく生活習慣病の一つとして高血圧症と診断されることも少なくないと思います。 実は犬や猫といったどうぶ...

食事療法で犬の慢性腎臓病の予防はできるの?

食事療法で慢性腎臓病の予防はできない
もりぞー先生

結論、慢性腎臓病になる前から腎臓病の食事療法を行っても、腎臓病を予防することは出来ません。

飼い主さま

じゃあ、慢性腎臓病になりにくくする方法はないの?

もりぞー先生

腎臓に負担がかかることを避けることで慢性腎臓病のリスクを減らすことはできます。

愛犬の慢性腎臓病のリスクを減らすために出来ること

愛犬の慢性腎臓病のリスクを減らすために出来ること3選

慢性腎臓病のリスクになるのは3つです。

慢性腎臓病のリスクを減らす方法
  1. 腎臓に負担となる中毒を起こすものを摂取しない
  2. 腎臓に負担をかける病気の治療をする
  3. 脱水症状を起こさないように水分摂取を心がける

腎臓に負担となる中毒を起こすものを摂取しない

腎臓に負担となるものを摂取しない

ブドウやレーズン、ヒト用の鎮痛薬や風邪薬などはワンちゃんの腎臓に負担をかけ、場合によっては重度の中毒をおこします。

これらはお家の方が気を付けることで腎臓病を予防できます。

もりぞー先生

最近は飼い主様もいろいろなところで情報に触れることが多いため、解熱剤などにはとても気を付けており、これらの中毒はあまり経験しなくなりました。
個人的に多く経験するのは、血圧の薬(アムロジピンなどの血圧降下剤)骨粗しょう症治療薬(エディロールなどのビタミンD3製剤)を誤って飲んでしまうワンちゃんをよく見ます。
これらも間接的に腎臓に負担をかけるので注意が必要です。

腎臓に負担をかける病気の治療をする

腎臓に負担をかける病気を治療する

歯周病、尿路結石、心臓病、高血圧や糖尿病などの病気は腎臓に負担をかけます。

病気がわかった時点で治療を行うことで、負担を減らし慢性腎臓病のリスクを減らすことが出来ます。

もりぞー先生

ヒトでは慢性腎臓病のリスクとなる要因として肥満が挙げられます。
犬の肥満は、ヒトと異なり肥満による動脈硬化症が一般的ではないため、直接的に腎臓病のリスクを高めると証明はされていません。
ただし、高血圧症と関連して腎臓の負担を高める可能性があります。
明確に証明はされていませんが、肥満は避ける方が腎臓にとっては良いでしょう。

水分摂取を心がける

腎臓に負担がかからないように脱水症状を予防する

脱水症状は腎臓に流れる血液量が減ってしまうため負担をかけます。

水分摂取がいつも行えるように、常に新鮮なお水は用意してあげましょう。

慢性腎臓病の愛犬に療法食を与えるときに、飼い主さんが知ってほしいこと

かかりつけの獣医師との連携

もりぞー先生

かかりつけの動物病院で診てもらいながら、食事療法を相談しましょう。

慢性腎臓病は長期的に管理が必要な病気です。

定期的な検診を受けることで、かかりつけの先生と相談しながらお家のワンちゃんに合った治療を受けることが出来るでしょう。

フード選びのポイント

慢性腎臓病のフード選びのポイント

慢性腎臓病をもつワンちゃんのドックフードを選ぶポイントは、以下の4つを参考にすると良いでしょう。

慢性腎臓病のドッグフードを選ぶための3つのポイント

  1. 今の慢性腎臓病の容態に合った、リンやタンパク質の制限の度合いになっているか
  2. しっかりと食事を摂取するために、嗜好性の高いもの
  3. フードの粒の大きさ
  4. 価格

慢性腎臓病のステージ(進行具合)とタンパク質とリンの含有量の関係

慢性腎臓病の進行具合と、タンパク質とリンの含有量の関係

慢性腎臓病が進行するに従って、血液からの尿毒素やリンの排泄が減少し、尿毒症や高リン血症になります。

その中でも、高リン血症は慢性腎臓病の進行を速めてしまうため、慢性腎臓病の犬の寿命に大きくかかわります。

もりぞー先生

そのため、この高リン血症を早期から適切に管理することが重要になります。

最近の腎臓病用の食事療法食は、慢性腎臓病の進行具合に合わせる形で設計されるようになってきました。

具体的には、①慢性腎臓病の早期(IRISのステージ1~2の前半くらい)と②中期の腎臓病でリンの上昇がみられる(IRISのステージ2の後半くらい~)に分けて設計されています。

慢性腎臓病の早期では、リンがマイルドに制限されており、タンパク質の制限はありません。タンパク質を制限しすぎないことで筋肉量の減少が起こらないようにしています。

慢性腎臓病の中期以降では、リンをよりしっかりと制限し、タンパク質の制限も行っています。タンパク質を制限することで減ってしまうカロリーは脂質の含有量を増やして調整しています。

飼い主さま

うちの子の腎臓病の具合を獣医さんにしっかり見てもらいながら、適切な療法食を選んだ方がいいってことね

嗜好性の高いもの

しっかりとした量の食事を食べてもらうために、療法食であるドックフードがおいしいかはとても重要です。

せっかくタンパク質、リンの含有量、カロリーが適切なよい食事を用意しても、食べてもらわなければ意味がありません。

やはり、嗜好性のよい腎臓病療法食を選択することは、食事療法を始める・続けていくにあたってとても大切なことですね。

療法食のみで食べてくれない場合は、食事を温める、お湯でふやかしてみる、缶詰やパウチなどのウエットフードを混ぜる、器を変えてみるなどの方法を行ってみましょう。

どうしても食べてくれない場合には、少量のトッピングは構いません。ただし、タンパク質の多いものはなるべく避けましょう。

もりぞー先生

トッピングに適した腎臓病用の栄養補助食があります。
他には、白米やサツマイモなどはタンパク質も含まれておらず、炭水化物によるカロリーも摂取できるためオススメです。

栄養のバランスが崩れないようにトッピングはフードの1割までがおすすめです。

腎臓病の食事療法食が使用が推奨されない病気

慢性腎臓病の食餌療法が推奨されない病気

腎臓病の食事療法の特性上、療法食の使用が推奨されない病気があります。

慢性腎臓病に対する食事療法食は、低たんぱく質かつ高カロリーです。

この高カロリーは脂質を多く含むことで調整されております。

この高脂質な腎臓病療法食が推奨されない病態があります。

腎臓病の食事療法が推奨されない病気
  • 膵炎
  • 蛋白漏出性腸症
  • 高脂血症
  • 生後12ヶ月未満の成長期
  • 妊娠授乳期
もりぞー先生

特に、慢性的な膵炎と慢性腎臓病を一緒に抱えているワンちゃんは多く見られます。
この場合、膵炎の治療のための食事療法として低脂肪食をおすすめしていますが、慢性腎臓病にとって相応しくない高たんぱく食を与えてしまっていることにはなります。

療法食の実際 オススメのメーカーは?

2024年4月現在、日本で購入可能な腎臓病用と謳った療法食を扱うメーカーは17社あります。

その中でも、ドライフードは25種類、缶詰などのウエットフードが16種類、栄養補助食が10種類あります。

飼い主さま

どのメーカーのどのフードがいいの?

もりぞー先生

お家のワンちゃんの慢性腎臓病の状態や目的に合ったフードを選びましょう。

\早期発見!初期の慢性腎臓病用のフード/

\獣医師推奨!信頼と実績のブランド/

\小型犬にもオススメ!/

\安心の国産!日本メーカー/

\コスパ最高!/

\水分補給やトッピングにも!/ 

\トッピングに最適!/

初期の慢性腎臓病のための療法食

もりぞー先生

初期の慢性腎臓病のための療法食は、マイルドにリンの制限というコンセプトの腎臓病療法食と考えています。
リンの含有量を基にリストアップしました。

スクロールできます
初期の慢性腎臓病のための療法食 TOP3メーカーリンタンパク質商品リンク
1位 早期腎臓サポート ドライロイヤルカナン0.5 %22.5 %以上公式サイト
2位 VETERINARY HPM 犬用 腎臓&リン制限ビルバック0.4 %20.5 %以上公式サイト
3位 ベッツソリューション 犬用 腎臓&シュウ酸塩サポートモンジ0.39 %20.0 %
もりぞー先生

他のフードも慢性腎臓病の初期にオススメです。

スクロールできます
初期の慢性腎臓病のための療法食メーカーリンタンパク質商品リンク
ドクターズケア 犬用ハートケアペットライン0.5%25.7%
ダイエティクス キドニーキープペットライン0.40%14.0%以上
プロベット リーナルオキサレート ドライプロフペット0.4 %15.0 %
インテグラプロテクト 腎臓ケアアニモンダ0.4%16%
Dr.宿南のキセキのごはん 腎臓の健康サポート株式会社エテルノ0.4%18 %以上
和漢みらいのドッグフード 特別療法食J(腎臓)用自然の森製薬0.5%以下18%

獣医師推奨!リンを制限した慢性腎臓病の療法食

獣医師推奨!リンを制限した犬用の慢性腎臓病の療法食
もりぞー先生

ここでは、慢性腎臓病により高リン血症を呈している子向けに、食事中のリンの含有量を制限した療法食をリストアップします。
すなわち、中期以降に進行した慢性腎臓病のフードですね。
特に獣医師として信頼と実績のあるメーカーの療法食を推奨します。

スクロールできます
獣医師推奨の慢性腎臓病のための療法食 TOP3メーカーリンタンパク質商品リンク
1位 腎臓サポート 小型犬用 ドライロイヤルカナン0.2 %14.0 %公式サイト
2位 k/d ケイディー チキン味 ドライヒルズ0.29 %15.2 %
3位 ドクターズケア 犬用キドニーケアペットライン0.26 %15.6 %
スクロールできます
獣医師推奨の慢性腎臓病のための療法食メーカーリンタンパク質商品リンク
腎臓サポート ドライロイヤルカナン0.2%14.0 %公式サイト
腎臓サポート セレクション ドライロイヤルカナン0.3%12.5 %公式サイト
腎臓サポート+低分子プロテイン ドライロイヤルカナン0.2%14.0 %公式サイト
k/d ケイディー + モビリティ チキン味 ドライヒルズ0.31 %15.3 %
スペシフィック 腎心肝アシスト CKDデグラ0.26 %13.7 %
yum yum yum!健康マネジメント腎臓株式会社カラーズ0.33 %17.9%以上
ベッツワンベテリナリー 犬用 腎臓ケア 小粒ペットゴー0.3 %14.0 %以上
HAPPY DOG VET リーナル (腎臓ケア) ドライInterquell0.3 %16.0 %以上
ナチュラルハーベスト キドニアバンガード
インターナショナルフーズ
0.3 %15.0 %以上
FORZA10 リナールアクティブSanyPet0.28 %14 %以上
POCHI 腎臓ケア フレッシュチキン ドライマーケティングパートナー0.3 %14.0 %以上
ドッグスタンス 療法食 腎臓・心臓サポートプロ・アクティブ0.192%21 %以上

ドライフードの粒の大きさが小粒の腎臓病の療法食

犬の小粒の腎臓病療法食
飼い主さま

うちの子、体が小さいから小さめの粒の腎臓病用のフードがあればいいんだけど……

もりぞー先生

小型犬用として、フードの粒が小さめのものがあります!

スクロールできます
粒の小さいドッグフードTOP3メーカー粒の大きさリン商品リンク
1位 yum yum yum!健康マネジメント腎臓カラーズ約0.6cmの超小粒
(お米型の粒)
0.33 %
2位 FORZA10 リナールアクティブSanyPet0.6〜0.7cm
(厚さ0.3〜0.4cm)
0.28 %
3位 腎臓サポート 小型犬用 ドライロイヤルカナン0.7~1.0cm0.2 %公式サイト
スクロールできます
粒の小さいドッグフードメーカー粒の大きさリン商品リンク
k/d ケイディー チキン味 ドライヒルズ直径約1cm
厚み約0.4cm
0.29 %
ドクターズケア 犬用キドニーケアペットライン1.0cm0.26 %
ドクターズケア 犬用ハートケアペットライン1.0cm0.5 %
ダイエティクス キドニーキープペットライン1.0cm0.40%
ベッツソリューション 犬用 腎臓&シュウ酸塩サポートモンジ1.0cmの三角形0.39 %
ベッツワンベテリナリー 犬用 腎臓ケア 小粒ペットゴー1.0cmの三角形0.30 %
ナチュラルハーベスト キドニアバンガード
インターナショナルフーズ
1.0cm0.30 %
Dr.宿南のキセキのごはん 腎臓の健康サポートエテルノ直径0.4~0.5cm
長さ1~2cm
0.40 %
和漢みらいのドッグフード 特別療法食J(腎臓)用自然の森製薬直径0.4~0.5cm
長さ1~2cm
0.5 %以下
ドッグスタンス 療法食 腎臓・心臓サポートプロ・アクティブ直径0.4~0.5cm
長さ1~2cm
0.19 %

日本メーカーの療法食

日本メーカーの腎臓病療法食
飼い主さま

ドッグフードって海外産が多いけど、やっぱり国産の方が安心よね?

もりぞー先生

そこで国産のフードを集めてみました!

スクロールできます
国産のドッグフードメーカーリンタンパク質商品リンク
ドクターズケア 犬用キドニーケアペットライン0.26 %15.6 %
ドクターズケア 犬用ハートケアペットライン0.5%25.7%
ダイエティクス キドニーキープペットライン0.40%14.0%以上
チューブ・ダイエット〈犬用キドナ〉腎疾患用森乳サンワールド0.2 %22.0 %以上
yum yum yum!健康マネジメント腎臓カラーズ0.33 %17.9%以上
ベッツワンベテリナリー 犬用 腎臓ケア 小粒ペットゴー0.3 %14.0%以上
ナチュラルハーベスト やさしいごはん腎臓ケアバンガード
インターナショナルフーズ
0.3%4.0%以上
POCHI 腎臓ケア フレッシュチキン ドライマーケティングパートナー0.3 %14.0 %以上
POCHI 腎臓ケア フレッシュチキン ウェットマーケティングパートナー0.05 %4.6 %以上
Dr.宿南のキセキのごはん 腎臓の健康サポート株式会社エテルノ0.4%18 %以上
和漢みらいのドッグフード 特別療法食J(腎臓)用自然の森製薬0.5%以下18%
和漢みらいのドッグフード ウエットタイプ【低たんぱく】自然の森製薬0.08 %6.3 %

低価格の腎臓病の療法食

低価格の腎臓病の療法食
もりぞー先生

1kg当たりのドックフードの値段で計算してみました。

  • 2024年5月時点での参考価格を基に算出
  • Amazon、楽天やその他のECサイト、広告からの価格を基に参考価格としています
スクロールできます
低価格の腎臓病療法食メーカー参考価格リン商品リンク
1位 スペシフィック 腎心肝アシスト CKDデグラ3595円/2kg0.26 %
2位 ベッツワンベテリナリー 腎臓ケア 小粒ペットゴー5644円/3kg0.3 %
3位 プロベット リーナルオキサレート ドライプロフペット4950円/2.5kg0.4 %
4位 POCHI 腎臓ケア フレッシュチキン ドライマーケティングパートナー2200円/1kg0.3 %
5位 FORZA10 リナールアクティブSanyPet4500円/2kg0.28 %

ウエットフードの腎臓病の療法食

ウエットフードの腎臓病の療法食

ウェットフードはドライフードに比べて嗜好性が高いものが多いですので、オススメです。

ただし、グラム当たりのカロリー量はドライフードよりもウェットフードの方が低いので給仕量には気を付けましょう。

もりぞー先生

ウェットフードにしてから痩せてきてしまったと相談いただくこともあります。
見た目多めの給餌量になるので、回数を分けて与えるのも必要かもしれません。

スクロールできます
ウェットフードの腎臓病療法食メーカーリンタンパク質商品リンク
腎臓サポート ウェット 缶ロイヤルカナン0.1 %5.4 %
腎臓サポート リキッドロイヤルカナン0.1 %5.0 %公式サイト
k/d ケイディー チキン&野菜入り シチュー 缶詰ヒルズ0.28 %16 %
k/d ケイディー ビーフ&野菜入り シチュー 缶詰ヒルズ0.30 %15.9 %
k/d ケイディー チキン 缶詰ヒルズ0.27 %15.9 %公式サイト
スペシフィック 腎心肝アシスト CKWデグラ0.07 %4.50 %
プロベット リーナルオキサレート モイストフードプロフペット0.17 %5 %
チューブ・ダイエット〈犬用キドナ〉腎疾患用森乳サンワールド0.2 %22.0 %以上
HAPPY DOG VET リーナル (腎臓ケア) ウェット缶Interquell0.09 %7.0 %以上
インテグラ プロテクト 腎臓ケア 牛アニモンダ0.10 %5.50 %
インテグラ プロテクト 腎臓ケア 鶏アニモンダ0.10 %5.70 %
インテグラ プロテクト 腎臓ケア 豚 150gアニモンダ0.15 %6.60 %
インテグラ プロテクト 腎臓ケア 鶏 150gアニモンダ0.15 %6.60 %
ナチュラルハーベスト やさしいごはん腎臓ケアバンガード
インターナショナルフーズ
0.3 %4.0 %以上
POCHI 腎臓ケア フレッシュチキン ウェットマーケティングパートナー0.05 %4.6 %以上
和漢みらいのドッグフード ウエットタイプ【低たんぱく】自然の森製薬0.08 %6.3 %

食いつきが悪い子にオススメ!トッピングするための腎臓病用栄養補助食

トッピングするための腎臓病用栄養補助食
飼い主さま

うちの子はなかなかドッグフードや缶詰のウエットフードの食いつきもよくないのよね…
なにかいいフードはないかしら

もりぞー先生

フードの食いつきが良くない子には、フードにトッピングするための栄養補助食がありますよ!

スクロールできます
腎臓病用の栄養補助食メーカーリンタンパク質商品リンク
MediMousse メディムース 犬用 腎臓サポートベッツラボ0.053 %2.0 %以上
犬用 エネルギーちゅ~る 低リン低ナトリウム とりささみいなば0.053 %8.0 %以上
わんちゃんライフ キドニーレシピ 鶏の豆乳スープバウムクーヘン0.09 %
わんちゃんライフ キドニーレシピ ポークビーンズバウムクーヘン0.13 %
わんちゃんライフ キドニーレシピ ツナごはんバウムクーヘン0.13 %
ヘルマン マトン・ディッシュ キドニーフィット(腎臓)ヘルマン0.08 %5.7 %以上
美味かけ<腎臓病の愛犬用トッピング> 牛YGGDRASILL 0.07 %8.3 %以上
美味かけ<腎臓病の愛犬用トッピング> 鶏YGGDRASILL 0.05 %10.0 %以上
MOUNTAIN’S GIFT 鶏と野菜 シニアケア 低リン低ナトリウム淡路アグリファーム0.086 %7.5 %以上
MOUNTAIN’S GIFT 猪と野菜 シニアケア 低リン低ナトリウム淡路アグリファーム0.062 %4.5 %以上

ロイヤルカナン(ROYAL CANIN)

犬と猫の食事療法食をつくるメーカーの中でも、動物病院のほとんどが取り扱かっている最も信頼性の高いメーカーです。

食事療法が必要などうぶつ達の多種多様なニーズに応えるために、多くの種類のフードを研究開発し展開しています。

腎臓サポート ドライ

腎臓サポート ドライ
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リンを制限)
  • エネルギー含有量を高めに調整し、少ない食事量でも多くのエネルギーが摂取できる
  • 嗜好性の高めた香りと粒の形状
デメリット
  • 粒のサイズがおおきいので小型犬には向かない

1kg|3kg|8kg

もりぞー先生

以前から販売されている慢性腎臓病の療法食です。
粒が小さい小型犬用を処方することが多くなったので、最近はあまり処方させてもらう機会が少し減ってしまいました。

腎臓サポート セレクション ドライ

腎臓サポート セレクション ドライ
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リンを制限)
  • エネルギー含有量を高めに調整し、少ない食事量でも多くのエネルギーが摂取できる
  • 嗜好性の高めた香りと粒の形状
デメリット
  • 粒のサイズがおおきいので小型犬には向かない

1kg|3kg|8kg

腎臓サポート+低分子プロテイン ドライ

犬用 腎臓サポート+低分子プロテインは、慢性腎臓病および食物アレルギーを呈する犬に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、食物アレルギーの原因となりにくい加水分解したタンパク源を使用し、リンの含有量を制限しています。

動物病院専用療法食です

腎臓サポート+低分子プロテイン ドライ
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リンを制限)
  • エネルギー含有量を高めに調整し、少ない食事量でも多くのエネルギーが摂取できる
  • 嗜好性の高めた香りと粒の形状
  • アレルギーにも配慮している
デメリット
  • 粒のサイズがおおきいので小型犬には向かない

1kg|3kg

もりぞー先生

慢性腎臓病とアレルギーを同時に配慮している唯一のフードです。

腎臓サポート 小型犬用 ドライ

動物病院専用療法食です

腎臓サポート 小型犬用 ドライ
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リンを制限)
  • エネルギー含有量を高めに調整し、少ない食事量でも多くのエネルギーが摂取できる
  • 嗜好性の高めた香りと粒の形状
  • 粒のサイズが小さいので小型犬向き

1kg|3kg

もりぞー先生

粒が小さい小型犬用を処方することが多くなったので、需要が大きくなっていますね。

早期腎臓サポート ドライ

動物病院専用療法食です

早期腎臓サポート ドライ
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リンを制限)
  • エネルギー含有量を高めに調整し、少ない食事量でも多くのエネルギーが摂取できる
  • 嗜好性の高めた香りと粒の形状
  • 粒のサイズが小さいので小型犬には向き
デメリット
  • 進行した慢性腎臓病では適応外になる

1kg|3kg

もりぞー先生

慢性腎臓病の初期(ステージ1)に最適ですね

腎臓サポート ウェット 缶

腎臓サポート ウエット 缶
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リンを制限)
  • 嗜好性の高い缶詰のウエットフード

200g

もりぞー先生

缶詰タイプの腎臓サポートです
嗜好性がよく、食べてくれる子が多いと思います

腎臓サポート リキッド

腎臓サポート リキッド
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リンを制限)
  • エネルギー含有量を高めに調整し、少ない食事量でも多くのエネルギーが摂取できる
  • 流動食タイプのフードなので、重症例や自発的に食事をしない場合でも、口に含ませて与えやすい
  • 健康を維持するために、抗活性酸素物質(ビタミンE、ビタミンC、タウリン、ルテイン)を複数配合。
デメリット
  • 比較的、価格が高い
  • 開封後の消費期限が短い(2日以内)

200ml

もりぞー先生

流動食タイプのフードです
注射器で吸えるくらいの液体で、ドロドロしています

ヒルズ(Hill’s )

サイエンスダイエットでもお馴染みのヒルズです。

特定の疾患や症状に対して特別療法食であるプリスクリプション・ダイエットというブランドで打ち出しております。

療法食の歴史も最も長く、その実績や信頼性は揺るぎないメーカーです。

米国の獣医師が最も推奨しているメーカーです。

k/d ケイディー チキン味 ドライ

k/d ケイディー チキン味 ドライ
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リンを調整、低ナトリウム、オメガ-3脂肪酸を含有)
  • アクティブバイオーム⁺キドニーディフェンステクノロジー を採用し、腸由来の尿毒素を管理
  • ヒルズ独自のおいしさテクノロジー「EAT」を採用

1kg|3kg|7.5kg

もりぞー先生

「食が細い子も食いつきがよく、おかわりを欲しがるくらいだった」という口コミもあり、嗜好性の良さがうかがわれます!

k/d ケイディー + モビリティ チキン味 ドライ

k/d ケイディー + モビリティ チキン味 ドライ
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リンを調整、低ナトリウム、オメガ-3脂肪酸を含有)
  • アクティブバイオーム⁺キドニーディフェンステクノロジー を採用し、腸由来の尿毒素を管理
  • ヒルズ独自のおいしさテクノロジー「EAT」を採用
  • オメガ-3脂肪酸の含有量を強化し、グルコサミン・コンドロイチンを含有。関節の健康に役立つ

1kg|3kg

もりぞー先生

高齢のワンちゃんで多い、関節炎などの運動性に関わる病気にも配慮しております。

k/d ケイディー チキン&野菜入り シチュー 缶詰

k/d ケイディー チキン&野菜入り シチュー 缶詰
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リンを調整、低ナトリウム、オメガ-3脂肪酸を含有)
  • アクティブバイオーム⁺キドニーディフェンステクノロジー を採用し、腸由来の尿毒素を管理
デメリット
  • 缶詰のサイズが比較的小さいので大型犬には向かない

156g

もりぞー先生

シチュー缶は個人的にも嗜好性がバツグンだとおもってます!

k/d ケイディー ビーフ&野菜入り シチュー 缶詰

k/d ケイディー ビーフ&野菜入り シチュー 缶詰
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リンを調整、低ナトリウム、オメガ-3脂肪酸を含有)
  • アクティブバイオーム⁺キドニーディフェンステクノロジー を採用し、腸由来の尿毒素を管理
デメリット
  • 缶詰のサイズが比較的小さいので大型犬には向かない

156g

もりぞー先生

シチュー缶は味のバリエーションもあって良いです!
チキン味と交代しながら与えている方もいらっしゃいます

k/d ケイディー チキン 缶詰

k/d ケイディー チキン 缶詰
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リンを調整、低ナトリウム、オメガ-3脂肪酸を含有)
  • アクティブバイオーム⁺キドニーディフェンステクノロジー を採用し、腸由来の尿毒素を管理
  • ヒルズ独自のおいしさテクノロジー「EAT」 採用

370g

もりぞー先生

缶詰ですが大きめなので、コーギーやラブラドールレトリバーなどの中大型犬にもおすすめです!

ペットライン(Petline)

ペットラインは動物病院向けの食事療法食として、日本農産工業株式会社(ノーサン)からドクターズケアを、日清ペットフード株式会社からJPスタイル ダイエティクスを引き継いで販売しています。

ドクターズケアはノーサンが2002年から日本で食事療法食を作る先駆けとして立ち上げたブランドです。

日本の大学病院の獣医さんと共同研究も行なってます。

JPスタイル ダイエテティクスは日清ペットフードから動物病院向けに2013年から販売された食事療法食です。

いずれも、日本製の安全と安心があり、オリジナリティのあるフードを展開しています。

ドクターズケア 犬用キドニーケア

ドクターズケア 犬用キドニーケア
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リン、ナトリウム、タンパク質を制限し、オメガ-3脂肪酸を強化)
  • エネルギー含有量を高めに調整し、少ない食事量でも多くのエネルギーが摂取できる
  • 腸内細菌のバランス維持のために可溶性食物繊維(フラクトオリゴ糖)を配合
  • 国産の療法食
  • 小型犬も食べやすい小粒

1kg|3kg

ドクターズケア 犬用ハートケア

ドクターズケア 犬用ハートケア
メリット
  • 慢性心臓病、初期の慢性腎臓病のための食事療法食(リンを軽度に制限、ナトリウムを制限、オメガ-3脂肪酸を強化)
  • エネルギー含有量を高めに調整し、少ない食事量でも多くのエネルギーが摂取できる
  • 関節の健康維持に配慮してグルコサミンが配合
  • 国産の療法食
  • 小型犬も食べやすい小粒
デメリット
  • 進行した慢性腎臓病の食事療法食としては、制限量が不十分になる

1kg|3kg

ダイエティクス キドニーキープ

ダイエティクス キドニーキープ
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(軽度にリン、ナトリウム、タンパク質を制限)
  • 食欲の落ちやすい腎臓病の犬のために、高い消化吸収性を誇る独自技術(特許 第4422263号)による 「微粉砕原料」を使用
  • 国産の療法食
  • 腎臓病の初期からの給与に適しています。
  • 3kgではジッパー付きの分包タイプで、 使いやすさに配慮
デメリット
  • 進行した慢性腎臓病の食事療法食としては、制限量が不十分になる

1kg|3kg(1.5kg×ジッパー付き2パック)

もりぞー先生

初期の腎臓病に最適です!

ビルバック(Virbac)

ビルバック(Virbac)は1968年にフランスで動物たちの健康を守るため、獣医師、農家、ペットの飼主様へ革新的かつ様々な動物用製品を提供することを目的として設立された会社です。

VETERINARY HPM 犬用 腎臓&リン制限 

動物病院専用療法食です
ビルバックサービスのホームページからの注文も可能ですが、注文には動物病院から発行されたユニークコードが必要になります

VETERINARY HPM 犬用 腎臓&リン制限
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リンを軽度に制限、ナトリウムを制限、オメガ-3脂肪酸を強化)
  • エネルギー含有量を高めに調整し、少ない食事量でも多くのエネルギーが摂取できる
デメリット
  • 進行した慢性腎臓病の食事療法食としては、制限量が不十分になる
  • フードの粒が大きい

1kg|1kg×4袋セット

公式サイトでの良い口コミ
好んで食べた
8
元気になった
2
公式サイトでの良くない口コミ
粒が大きかった
4
多く注文すると、注文から届くのに時間がかかった
1

デグラ(Dechra)

イギリスに本拠地をおく獣医師向け製薬会社であるデグラ(Dechra)が、食事療法食としてラインナップしているのがシフィック(SPECIFIC)シリーズです。

原材料として消化しやすい高品質のタンパク質である魚油を使用し、犬の被毛や皮膚を良好に保ち、関節の可動性、消化器系の健康を促進します。

スペシフィック(SPECIFIC) 犬用 腎心肝アシスト CKD

スペシフィック(SPECIFIC) 犬用 腎心肝アシスト CKD
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リン、ナトリウム、タンパク質を制限し、オメガ-3脂肪酸を強化)
  • エネルギー含有量を高めに調整し、少ない食事量でも多くのエネルギーが摂取できる

2kg|7kg

犬用 腎心肝アシスト CKW

スペシフィック(SPECIFIC) 犬用 腎心肝アシスト CKW
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リン、ナトリウム、タンパク質を制限し、オメガ-3脂肪酸を強化)
  • エネルギー含有量を高めに調整し、少ない食事量でも多くのエネルギーが摂取できる

100g|300g

プロフペットコーポレーション(Prof Pet Corporation)

プロフペットコーポレーションはオランダのペットフードメーカーです。

プロフペットが製造しているプロベットというドッグフードは、犬の健康をサポートするために開発された特別療法食です。

プロベットは、AAFCO(米国飼料検査官協会)、NRC(米国科学アカデミーの米国学術研究会議)、FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)などの機関が定める栄養要求規準を満たしており、品質保証されています。また、オランダ国内の最高水準の品質管理システム認定工場で製造されているため、安心して愛犬に与えることができます。

プロベット リーナルオキサレート(PRO-VET® RENAL/OXALATE(腎臓/シュウ酸塩) ドライ

プロベット リーナルオキサレート(PRO-VET® RENAL/OXALATE(腎臓/シュウ酸塩) ドライ
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(軽度にリン、ナトリウム、タンパク質を制限)
  • 食欲の落ちやすい腎臓病の犬のために、高い消化吸収性を誇る独自技術(特許 第4422263号)による 「微粉砕原料」を使用
  • 腎臓病の初期からの給与に適しています。
デメリット
  • 進行した慢性腎臓病の食事療法食としては、制限量が不十分になる

500g|1kg|2.5kg|7.5kg

プロベット リーナルオキサレート(PRO-VET® RENAL/OXALATE(腎臓/シュウ酸塩) モイストフード

プロベット リーナルオキサレート(PRO-VET® RENAL/OXALATE(腎臓/シュウ酸塩) モイストフード
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(軽度にリン、ナトリウム、タンパク質を制限)
  • 食欲の落ちやすい腎臓病の犬のために、高い消化吸収性を誇る独自技術(特許 第4422263号)による 「微粉砕原料」を使用
  • 腎臓病の初期からの給与に適しています。
デメリット
  • 進行した慢性腎臓病の食事療法食としては、制限量が不十分になる

395g

森乳サンワールド

チューブ・ダイエット〈犬用キドナ〉腎疾患用

チューブ・ダイエット〈犬用キドナ〉腎疾患用
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リン、ナトリウム、タンパク質を制限)
  • 高消化性原材料を使用(消化態乳たんぱく質、中鎖脂肪酸(MCT)、デキストリン)
  • 飲みやすいような溶け具合になるように、状況に合わせて水の量を加減して給餌できる
  • 国産の療法食

20g

もりぞー先生

森乳さんならではの粉ミルクタイプの流動食!
食べれない子にシリンジで給餌する際には、とても使い勝手のよい療法食です。

株式会社カラーズ

yum yum yum!(ヤムヤムヤム)健康マネジメント腎臓

嗜好性が高く、他のフードを食べなくてもこれなら食べてくれたという口コミもあります。

yum yum yum!健康マネジメント腎臓
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リンを軽度に制限、ナトリウムを制限、オメガ-3脂肪酸を強化)
  • エネルギー含有量を高めに調整し、少ない食事量でも多くのエネルギーが摂取できる
  • 国産製造
  • フードの粒が超小粒形状(0.7~0.8cm)
  • フードがふやけやすい

50g|500g|1.3kg|1.3kg×3袋

良い口コミ良くない口コミ
ドックフードがあまり好きではない子なのですが、こちらは食べてくれる事が多く助かってます!
公式サイトより
腎臓の数値が悪くなり購入しましたが、粒が大きく固く全く食べませんでした。腎臓が悪くなるのは老犬が多いと思うのでもう少し粒を小さく、また噛み砕く力が要らないような柔らかいフードを作って頂きたいです。
公式サイトより

\このページ限定!初回43%OFF!/

公式サイトでの良い口コミ
好んで食べた
8
元気になった
2
公式サイトでの良くない口コミ
粒が大きかった
4
多く注文すると、注文から届くのに時間がかかった
1

モンジ(MONGE)

モンジ(MONGE)はイタリア最大のペットフードメーカーです。

ベッツソリューションはグレインフリー食事療法食のシリーズとして展開しています。

ベッツソリューション 犬用 腎臓&シュウ酸塩サポート

ベッツソリューション 犬用 腎臓&シュウ酸塩サポート
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リン・ナトリウム・タンパク質を制限、脂肪酸を強化)
  • Fit-aromaとして緑茶ポリフェノール(没食子酸エピガロカテキン-EGCG、カテキン)配合。強力な抗酸化作用、抗炎症作用の働きがあります。
  • グレインフリー

800g|3kg

ペットゴー株式会社

ベッツワンベテリナリー 犬用 腎臓ケア 小粒

ベッツワンベテリナリー 犬用 腎臓ケア 小粒
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リン・ナトリウム・タンパク質を制限、オメガ3脂肪酸・クエン酸カリウムを配合)
  • 複数の抗酸化成分(ビタミンE、ビタミンC、タウリン)を配合
  • 腸内フローラを整えるため、善玉菌のエサとなる食物繊維(セルロース)、フラクトオリゴ糖を配合。さらに消化吸収の負担が少ない小麦タンパク質分離物(消化率90%以上)、ジャスミンライスを使用し、犬のお腹の健康維持をサポート
  • フードの粒が小粒で小型犬も食べやすい
  • 国産の療法食

100g|3kg|3kg×2袋|3kg×4袋

Interquell社

HAPPY DOG VET リーナル (腎臓ケア) ドライ

HAPPY DOG VET リーナル (腎臓ケア) ドライ
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リン・ナトリウム・タンパク質を制限、必須脂肪酸を調整)、急性腎障害にも対応
  • 食欲低下に配慮し、ビーフ、ポーク、サーモンなどの嗜好性の高い動物性タンパク質を使用したレシピ
  • 可溶性繊維が腸内でのアンモニアの生産と吸収を減らします
  • 血液を浄化し腎機能をサポートすると古来から言われているカンバ葉、タンポポを配合
デメリット
  • フードの粒が大きいため、小型犬で与える場合に不向き

80g|1kg|4kg|12kg

\5500円以上で送料無料!/


HAPPY DOG VET リーナル (腎臓ケア) ウェット缶

HAPPY DOG VET リーナル (腎臓ケア) ウエット缶
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リン・ナトリウム・タンパク質を制限、必須脂肪酸を調整)、急性腎障害にも対応
  • 食欲低下に配慮し、チキン、ポーク、などの嗜好性の高い動物性タンパク質を使用したレシピ
  • 可溶性繊維が腸内でのアンモニアの生産と吸収を減らします

400g|400g×6缶

\5500円以上で送料無料!/

アニモンダ 

インテグラプロテクト ドライフード 腎臓ケア

インテグラプロテクト ドライフード 腎臓ケア
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リン・ナトリウム・タンパク質を制限)
  • グルテンフリー

700g|4kg

インテグラ プロテクト 腎臓ケア 牛 400g

インテグラ プロテクト 腎臓ケア 牛
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リン、ナトリウム、タンパク質を制限)

400g

インテグラ プロテクト 腎臓ケア 鶏 400g

インテグラ プロテクト 腎臓ケア 鶏
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リン、ナトリウム、タンパク質を制限)

400g

インテグラ プロテクト 腎臓ケア 豚 150g

インテグラ プロテクト 腎臓ケア 豚 150g
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リン、ナトリウム、タンパク質を制限)

20g

インテグラ プロテクト 腎臓ケア 鶏 150g

インテグラ プロテクト 腎臓ケア 鶏 150g
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リン、ナトリウム、タンパク質を制限)

150g

株式会社バンガードインターナショナルフーズ

ナチュラルハーベスト キドニア

ナチュラルハーベスト キドニア
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リン、ナトリウム、タンパク質を制限)

ちょこっとパック 100g|1.36kg

ナチュラルハーベスト やさしいごはん腎臓ケア

ナチュラルハーベスト やさしいごはん腎臓ケア
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リン、ナトリウム、タンパク質を制限)
  • 低タンパク質・低リン・低ナトリウム
  • クリルオイルの吸収しやすいオメガ3脂肪酸
  • 国産の療法食

70g|70g×12袋

SanyPet社

FORZA10 リナールアクティブ

FORZA10 リナールアクティブ
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リン、ナトリウム、タンパク質を制限)

100g|800g|2kg

愛犬用 アクティブライン リナールアクティブ(腎臓) 8kg(4kg×2袋)

愛犬用 アクティブライン リナールアクティブ(腎臓) 8kg(4kg×2袋)
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リン、ナトリウム、タンパク質を制限)

8kg(4kg×2袋)

マーケティングパートナー株式会社

POCHI 犬用食事療法食 腎臓ケア フレッシュチキン ドライ

POCHI 犬用食事療法食 腎臓ケア フレッシュチキン ドライ
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リン、タンパク質を制限)
  • プレバイオティクス(イヌリン)、プロバイオティクス(フェシウム菌)を配合。
  • 腎臓ケア成分(ゼオライト・ルテイン・ユッカシジゲラ抽出物)配合。

50g|1kg|3kg

POCHI 犬用食事療法食 腎臓ケア フレッシュチキン ウェット

POCHI 犬用食事療法食 腎臓ケア フレッシュチキン ウェット
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リン、タンパク質を制限)
  • 腎臓ケア成分としてMCT、お腹の健康維持のためにフェカリスを配合。
  • 国産の療法食

80g|80g×10個|80g×20個|80g×30個

株式会社エテルノ

Dr.宿南のキセキのごはん 腎臓の健康サポート

Dr.宿南のキセキのごはん 腎臓の健康サポート
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リン、ナトリウム、タンパク質を制限)
  • 初期〜中期の慢性腎不全・腎機能障害(腎臓病)用フード
  • 国産の療法食
デメリット
  • 進行した慢性腎臓病としてはタンパク質制限が不十分になる

100g|1kg

自然の森製薬株式会社

和漢みらいのドッグフード 特別療法食J(腎臓)用

和漢みらいのドッグフード 特別療法食J(腎臓)用
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リンを軽度に制限)
  • 毒素吸着成分配合
  • 無添加・和漢食事レシピ
  • 国産の療法食
デメリット
  • 進行した慢性腎臓病としてはタンパク質制限が不十分になる

1 kg

和漢みらいのドッグフード・ウエットタイプ【低たんぱく】

和漢みらいのドッグフード・ウエットタイプ【低たんぱく】
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リン、タンパク質を制限)
  • 無添加・和漢食事レシピ
  • 国産の療法食

100 g

\このページ限定!特別価格/

株式会社プロ・アクティブ

ドッグスタンス 療法食 腎臓・心臓サポート

ドッグスタンス 療法食 腎臓・心臓サポート
メリット
  • 慢性腎臓病のための食事療法食(リン、ナトリウム、タンパク質を制限)
  • 国産の療法食

100g×1袋|100g×3袋|1kg×1袋

ベッツラボ(Vet’s Labo)

MediMousse メディムース 犬用 腎臓サポート

MediMousse メディムース 犬用 腎臓サポート
メリット
  • 慢性腎臓病のための機能性栄養補助食(リン、ナトリウム、タンパク質を制限し、オメガ-3脂肪酸を強化)
  • ふっくら柔らかいムース状のためシニア犬でも食いつきやすく、シリンジでの給餌にも適しています。
  • グレインフリー(米・麦・トウモロコシなどの穀類完全不使用)
  • 合成着色料・合成保存料・酸化防止剤不使用
  • 国産
デメリット
  • 総合栄養食ではないため、他の腎臓病の食事療法食と併用することを推奨

95g/缶

いなばペットフード

いなば 犬用 エネルギーちゅ~る 低リン低ナトリウム とりささみ

動物病院専用の商品です

いなば 犬用 エネルギーちゅ~る 低リン低ナトリウム とりささみ
メリット
  • 慢性腎臓病のための機能性栄養補助食(リン、ナトリウムを制限)
  • 国産
デメリット
  • 総合栄養食ではないため、他の腎臓病の食事療法食と併用することを推奨

14g×50本入

株式会社バウムクーヘン

わんちゃんライフ キドニーレシピ 鶏の豆乳スープ

わんちゃんライフ キドニーレシピ 鶏の豆乳スープ
メリット
  • 慢性腎臓病に配慮した食事(リン、ナトリウムを制限)
  • 日本国産の食事
  • ヒューマングレードにこだわった品質

1袋 約100g

\このページ限定!初回50%OFF!/

わんちゃんライフ キドニーレシピ ポークビーンズ

わんちゃんライフ キドニーレシピ ポークビーンズ
メリット
  • 慢性腎臓病に配慮した食事(リン、ナトリウムを制限)
  • 日本国産の食事
  • ヒューマングレードにこだわった品質

1袋 約100g

\このページ限定!初回50%OFF!/

わんちゃんライフ キドニーレシピ ツナごはん

わんちゃんライフ キドニーレシピ ツナごはん
メリット
  • 慢性腎臓病に配慮した食事(リン、ナトリウムを制限)
  • 日本国産の食事
  • ヒューマングレードにこだわった品質

1袋 約100g

\このページ限定!初回50%OFF!/

ヘルマン社

ヘルマン マトン・ディッシュ キドニーフィット(腎臓)

ヘルマン マトン・ディッシュ キドニーフィット(腎臓)
メリット
  • 慢性腎臓病に配慮した栄養補助食(リン、ナトリウムを制限、高消化性タンパク質)
  • 良質な羊をメインに、EPA・DHAが豊富な鱈肝油とイチョウ、マシュマロウ根などのハーブを配合
デメリット
  • 総合栄養食ではないため、他の腎臓病の食事療法食と併用することを推奨

120g

株式会社YGGDRASILL ペット事業部

美味かけ<腎臓病の愛犬用トッピング> 牛

美味かけ<腎臓病の愛犬用トッピング> 牛
メリット
  • 慢性腎臓病に配慮した栄養補助食(リン、タンパク質を制限)
  • 日本国産の食事
  • ヒューマングレードで製造
  • 食物繊維で老廃物の排出をサポート
  • 完全無添加
デメリット
  • 総合栄養食ではないため、他の腎臓病の食事療法食と併用することを推奨

100g(牛、鶏ともに5袋ずつのセット販売)

美味かけ<腎臓病の愛犬用トッピング> 鶏

美味かけ<腎臓病の愛犬用トッピング> 鶏
メリット
  • 慢性腎臓病に配慮した栄養補助食(リン、タンパク質を制限)
  • 日本国産の食事
  • ヒューマングレードで製造
  • 食物繊維で老廃物の排出をサポート
  • 完全無添加
デメリット
  • 総合栄養食ではないため、他の腎臓病の食事療法食と併用することを推奨

100g(牛、鶏ともに5袋ずつのセット販売)

淡路アグリファーム株式会社

MOUNTAIN’S GIFT 【国産無添加 手作りトッピングフード】鶏と野菜 シニアケア
低リン低ナトリウム

MOUNTAIN’S GIFT 【国産無添加 手作りトッピングフード】鶏と野菜 シニアケア 低リン低ナトリウム
メリット
  • 慢性腎臓病に配慮した栄養補助食(リン、ナトリウム、カリウムを制限)
  • 日本国産の食事
  • 添加物、保存料不使用
デメリット
  • 総合栄養食ではないため、他の腎臓病の食事療法食と併用することを推奨

小分け袋 100g小分けトレー 約40g

MOUNTAIN’S GIFT 【国産無添加 手作りトッピングフード】猪と野菜 シニアケア
低リン低ナトリウム

MOUNTAIN’S GIFT 【国産無添加 手作りトッピングフード】鶏と野菜 シニアケア 低リン低ナトリウム
メリット
  • 慢性腎臓病に配慮した栄養補助食(リン、ナトリウム、カリウムを制限)
  • 日本国産の食事
  • 添加物、保存料不使用
デメリット
  • 総合栄養食ではないため、他の腎臓病の食事療法食と併用することを推奨

小分け袋 100g小分けトレー 約40g

まとめ

もりぞー先生

犬の腎臓病の食事療法食について解説しました。

犬の腎臓病の食事療法は、単に病気の進行を遅らせるだけではありません。

適切な食事療法は、愛犬の生活の質を向上させ、より長く、より幸せな時間を共有するための鍵となります。

私が提供する情報が、お家のワンちゃんの腎臓病管理に役立ち、共に過ごす毎日がより充実したものになることを心から願っています。

また、冒頭でもお伝えしましたが、この記事は飼い主様個人での療法食の購入を推奨するものではありません。病気の治療は必ず正しい診断に基づいて行われるため、獣医師の診察が必要です。

食事療法については、かかりつけの動物病院でも必ず相談しましょう。

最後に今回の記事が少しでも飼い主様の疑問に解決し、どうぶつ達の健康に繋がれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次